彼がもし健全な身体の持主だったら、それ程もがけば、箱のどこかえ、一箇所位の隙間を作るのは、訳のないことであったかも知れぬけれど、弱り切った心臓と、痩せ細った手足では、到底その様な力をふるうことはできない上に、空気の欠乏による、息苦しさは、刻々と迫って来る。疲労と、恐怖の為に、喉は呼吸をするのも痛い程、カサカサに乾いて来る。彼のその際の気持を、なんと形容すればよいのであろうか。もしこれが、もう少しどうかした場所へとじ込められたのなら、病の為に遅かれ早かれなねばならぬ身の探偵は、きっとあきらめてしまったに違いない。だが、自家の部屋の箱の中で、窒息するなどとは、どう考えて見ても、あり相もない、なので、もろくも、その様な喜劇じみたに方をするのはいやだった。こうしている時にも、助手がこちらへやって来ないものでもない。そうすれば彼は夢の様に助かることができるのだ。この苦しみを一場の笑い話として済してしまうことができるのだ。助かる可能性が多いだけけに、彼はあきらめ兼ねた。そして、怖さ苦しさも、それに伴って大きかった。彼はもがきながら、かすれた声で罪もない助手共を呪った。息子のまことをさえ呪った。距離にすれば恐らく二十間とは隔っていないみんなの悪意なき無関心が、悪意なきが故になおさらうらめしく思われた。闇の中で、息苦しさは刻一刻と募って行った。もはやや声も出なかった。引く息ばかりが妙な音を立てて、陸に上った魚の様に続いた。口が大きく大きく開いて行った。そして骸骨の様な上下の白歯が歯ぐきの根まで現れて来た。そんなことをした所で、なんの甲斐もないと知りつつ、両手の爪は、夢中にふたの裏を、ガリガリと引掻いた。爪のはがれることなど、彼はもう意識さえしていなかった。断末魔の苦しみであった。しかし、その際になっても、まだ救いの来ることを一縷の望みに、をあきらめ兼ねていた彼の身の上は、いおう様もない残酷なものであった。

ページのトップへ戻る